事業紹介 | OD Network Japan

ODNJとは

事業紹介

ODNJの4つの事業の柱

ODNJでは「情報発信」「自己研鑽」「交流」「普及・啓発」—4つの事業の柱から、各委員会が活動がおこなれています。

  • 年次大会:年1回 会員が集い、ODの知見や実践を共有するなかで、交流・学びを深める機会
  • 研究会:年4回程度開催 ODにかかわるトピックについて学ぶ機会。非会員にも公開。
  • 講座:ODの基礎、そして実践を学ぶ体系的講座を実施
  • 分科会:会員が自主的に、興味あるテーマを設定し、相互研鑽をする
  • 組織開発研究:研究誌の発行 
  • ODNJアワード:年1回 ODの実践における優秀な取り組みをしている組織、個人を表彰

事務局

今年度は年間計画を整備し、更に各委員会と連携強化を図り、各々のサービスや機能が会員や外部に伝わりやすくいきたいと思います。
大会委員長を引き受けやすくするためのサポートや運営ルールを作っていきます。
今迄作成してきた各種規程の見直しが必要となってきているので、見直し改編をします。
社会の課題解決や会員の価値の向上を図るための企画をしていきます。(会としての研究発表や社会課題解決支援など)

リサーチ委員会

2020年度のリサーチ委員会では、「組織開発研究」第5号の発行を目標にしています。2020年5月末の締め切りで年度内の発行を目指しています。また、第6号の稿締め切りは2021年3月末の予定です。

リサーチ委員会では、「論文」カテゴリーの一層の充実、「事例研究」カテゴリーの査読基準見直し・緩和を契機とした事例蓄積推進、「寄稿」カテゴリーを有効活用した自由度の高い編集などを通じて、読者の皆様への更なる有益な情報提供を目指して参ります。

広報委員会

広報委員会は、組織内外における広報活動を、広報ツール(Web、メルマガ、SNS発信)を用いて実行する委員会です。

広報委員会のミッションは、
①ODNJの方向性とその活動を広く社会に伝えること
②会員に組織としての動きを適切に伝えること
③会員会の情報交流を促進することです。

2020年度の活動方針としては、現状のサービスレベルを下げずに、ODNJ全体の方向性を考え、ミニマムで極力効果が高い活動ができるように設計していきたいと思っています。
2019年度は法人パートナー向けのリーフレットを作成しました。今後、紙媒体は法人パートナーの販促ツールとしてのポジションとしての位置づけとします。
会員向けは、広報媒体のPDFは、今後、Webからダウンロードできるようにしたいと思います。
現在外注Webシステムは通常稼働しているとの認識のもと、いっそうの外部リソースの有効活動をおこないます。また、本年度は広報誌作成のオンデマンド化を考え、広報誌作成なども外注化を進めるとともに、削減とともに省力化することも考えます。
外部向けの広報がどの程度必要かは検討が必要になるところですが、本来の広報PRとしては、動画への展開も検討しつつ実行を探ります。
※メルマガを活用した告知について
告知に関しては、会員メリットを考え以下に整理します【2019.06】
会員向けの告知は、会員相互の情報提供という形で実施します

1)協賛 
・特にODNJ側からの義務はないことが前提
・団体からは特別割引を設定していただき、会員に告知 ⇒特別協賛
※費用が発生する場合は委員長会決議事項
2)後援
・委員長会決議事項
・そのプログラムに対してODNJ活動の一環としてサポート
3)共催
・委員長会決議事項
・ODNJ運営に関して責任をもつ(損益も含めて)

講座委員会

今年度も基礎講座5回、事例講座1回、スキルアップ講座の1回を予定しています。事例講座については、準備段階から講座委員会が参画していきたいと思います。基礎講座卒業生のZOOM同窓会などを実施し、今まで参加者された方のつながりをつくる機会を提供できればと考えております。

また、講座委員や講座をサポートしてくれるボランティアの方も募集し、講座の運営体制を強化したいと思います。

研究会委員会

2020年度は、与蔵工房の田原真人さんをお迎えして、研究会としては初のWEB開催を計画中です。世界中が新型コロナウイルスの影響によりリモートワーク改革が急務な状況でもあるので、OD TECを体感できる場になることでしょう。
また『身体知から学ぶ』をテーマに体感型の場を企画中です。気づきを得る一つとして、身体からのシグナルがあります。組織開発を実践者でもある我々は、自らの身体に自分の意識的に向け、身体知からのシグナルを感じ、自身の身体知を使うことを認識することで、どのような場面で活かしていけそうかを、対話をしながら見つけていくような場を設けたいと考えています。
対面の場におきましては、新型ウイルスの状況を見ながら落ち着いてきた頃に実施する予定です。

法人担当委員会

組織開発に取り組む会員企業に対して、一社だけでは認識しづらい共通の問題点や独自の改善点など気づきの場を提供する。また、改善策の手立てとして、ODNJの知見や技法を加えて多面的に組織開発の為の情報を提供する。

①会員増の広報活動とその受け入れ体制の強化 
ex. 法人担当委員会の体制強化やODNJ活動のPRの促進、各委員長との連携強化、法人会員 用リーフレットの活用などなど

②実践法人の意見交換会開催
年3回予定。他イベント企画の取り組み

③ベンダー法人との意見交流活動促進

海外パートナーシップ委員会

2020年度の活動予定は、 可能な範囲でみなさまに海外のOD情報の提供はしてゆきたいと考えておりますが 、コロナウイルスの状況によりさまざまな活動の日程までのご紹介が難しい状況となっております(例として①米国のODNカンファレンスはもともと2020年9月開催が予定されていましたが、半年の延期が決定されたものの日程まではわかっていない状況です。②現時点ではIODAカンファレンスは10月に企画されているけれども、現在タイに外国人は入国できないなど)他にも企画準備段階の事柄がありますが、同じくコロナウイルスの状況によりますので、企画、運営、参加の安全性と現実性が確保され活動として可能と決まった内容からみなさまへお伝えさせていただけましたら幸いです。

分科会委員会

2020年度の分科会委員会は、分科会がより活動しやすくなるように2019年度から進化した仕組みづくりと共通の課題や問題を共有する会員による新たな分科会の立ち上げ支援を推進していきます。
方向性としては、これまでどおりODの展開に資する活動テーマによる分科会の立ち上げと活動支援に加えて、地域活動に資するODという着眼点のもと、地域での活動拠点としての分科会の強化を会員のみなさまの熱い志とお力を結集し、共に進めていきたいと考えています。

分科会とは ODNJ会員は,組織開発にかかわる独自のテーマで自律的に活動することを目的として,ODNJが定める一定の条件を満たすことにより分科会を発足することができます.また,分科会はODNJ公認のもと,HPやメールニュースでの情報発信,補助金などの交付を受けて活動することができます。

分科会委員会活動の基本方針
1. 会員相互の自律的な学びの場である分科会を軸に会員の交流機会を創出する
2. 会員相互と分科会相互の交流を深め,さらなる深い学びの機会を創出する
3. 会員個々の組織開発に関する思いを受け止める受け皿となる
4. 会員にやさしい上記の仕組みを整備する

中部支部

今後の予定
2020年4月5日 デザイン会議(1年の方向性を決める会議)
<現在、手の上がっている企画PJテーマ> 
1)会内実施チャレンジ:ワーク「12日の恐れる男たち」
2)ベーシックセミナーⅡ
3)リピットクラスター 
4)深める取り組み:中部の学びを深める研究会等
5)企画相談役
6)中部ノウハウを伝える
7)企画事務局 など

年次大会委員長

テーマ:経営としての組織開発
日時:6月14日(日) 10時からZoom開催
登壇者:ボルボジャパン前社長・木村氏
関東経済産業局・角野氏

メンバーシップ委員長

皆様ご存知のように、ODNJの理事や委員はボランティアで運営にかかわっています。会員数も多くなってきて、理事や委員の方々だけでは会員の皆さまのニーズに対応できなくなりつつあります。
今年度新設されるメンバーシップ委員会の設立趣旨は、①会員が参画・主催できる場をつくること、②縦の関係性だけではなく、横の関係性をつくる機会をプロデュースするということです。例えば、入会した方のオリエンテーション/なんでも質問会(ZOOM対話セッション)、ODのちょっとした実践や失敗体験、困っていることを語る機会、オンライン読書会などの機会をつくることを検討中です。また地域内、地域間のつながりを深めていくことも大切に思っています。新しい委員会なので委員になってくださる方がいらっしゃったらぜひお声かけください。

  • facebook